PDFと帳票システムのYSS 文字サイズは「中」でお願いします。
一つ前の画面に戻ります 株式会社ワイ・エス・エスHP TOPへ

PDF技術インデックス
 皆さんはPDFファイルを作成する行為を何と呼びますか?「PDF変換、PDFに変換、PDFファイルを変換、PDFファイルに変換、
PDF化、PDFファイル作成、PDF出力、PDF生成・・・」
 主にPDFを作成するには、以下の2種類が主流となっています。


 Windowsのアプリケーション等を、その見た目を維持しながら変換をする。
◆…票ソフト等から、レイアウトとデータを合体させPDFを出力する。

 ,魯侫ーマットの変換、△麓腓膨票ソフトでPDFファイルを新たに生成するという意識が高くなります。
 まずは、データフォーマットを変換するソフトについてご説明致します。

クライアントPCで手動によりPDFに変換したい
 PDFコンバータを御検討願います。

対応ソフトは下記の通りです。

Excel
Word
PowerPoint
一太郎
AutoCAD
JWCAD
MS-Project
JPEG
オアシス
Visio
DocuWorks
BMP


 その他、一般的なWindowsアプリケーションであれば、PDF変換が可能です。

セールスポイント
A0,A1サイズのPDF変換が可能です。
AutoCADの変換精度は抜群です。
Ver3.0よりスピードが大幅アップします。
セキュリティ付与・画像差し込み、透かし差し込みができます。

サーバでPDFに変換したい
自動でPDFに変換したい
 PDFオートコンバータEXを御検討願います。

対応ソフトは

Excel
Word
PowerPoint
一太郎
Visio

 JPEG,BMP,TIFF等も変換可能ですが、用紙サイズの問題からその他右クリックして印刷をサポートしているソフトであれば変
換できる可能性があります。

セールスポイント
フォルダをたくさん作成して部署全員の変換に対応させます。
PDFバッチ変換機能を利用してシステム構築の部品として使用できます。
フォルダごとにセキュリティや画像差し込み(会社ロゴ等)、テキスト付与(社外秘)等の設定が可能です。

帳票システム構築
IOWebDOC
 電子帳票システム、更にWeb帳票において、PDF帳票はほぼ必須となりつつあります。しかし、帳票印刷、Web帳票印刷も必要
とされています。

 Java帳票システム、ASP帳票システム、Access帳票システムの構築に対応しなければなりません。IOWebDOCはASP、Javaイ
ンターフェースを有し、各種コンポーネントとの連携が容易です。サンプルコードを利用して開発のスピードアップが可能です。
 Web帳票を作成するには、GUIの付いたWeb帳票作成ツールが必要であり、帳票作成ツールは低価格が望ましいです。IOWebDOCは帳票サンプルを下書きにする下図機能を有しています。

 帳票ソリューションを考える場合は、PDFメイクアップもあわせて御検討願います。

IODOCとしての帳票出力
 単なる帳票開発ツールだけでなく、クライアントサーバ向けの帳票作成ソフトとして利用できます。VB帳票、Access帳票を作成
することが可能であり、Webシステムまでは及びませんが、将来的な検討をする場合の橋渡しとなります。

セールスポイント
Webサーバ上にて高速で動的にPDF帳票を作成します。
CPU数に依存せず、低コストを実現します。
バーコードフォントを使用せずデータを与えるので、ずれのないバーコード(二次元も対応)を自動生成します。
Windows のみでなく、Linux(Redhat、Miracle、Turbo等)、UNIX(Solaris、HP、AIX等)まで各種のサーバ・PCに
対応しています。
PDF外字出力対応オプションに新しく対応致しました。

 製品版と同機能の評価版を用意しております。
IOWebDOCは当社ホームページより体験版をダウンロードしてください。PDFメイクアップは営業迄メールでお問合わせ願いま
す。
 当社ホームページからのメールまたは電話にてお問合わせ願います。

クライアントでPDFファイル編集をしたい
 PDF編集ソフトPDF製本工房をご検討願います。

PDF加工
PDFファイル結合
PDF文字入力
PDF書き込み
PDF結合・PDF連結
PDF分割
PDF抽出
PDFページ付
PDF画像貼付
PDFしおり付与

サーバ上でPDFファイル編集をしたい。
 PDF編集ソフトPDFメイクアップをご検討願います。
 PDFメイクアップはサーバ上でPDF帳票を結合・分割・承認・追記します。

セールスポイント
サーバ上でPDFファイルを結合・分割・追記する機能を実現します。
DLL、Javaのインターフェースを用意しています。
当社製品以外のライセンスは不要です。
PDFによる押印、承認ワークフローをサーバ上にて実現できます。
PDFにページ番号付与できます。
自動でページ数をカウントして「1/100」等のページ番号を振ることができます。
PDFへログイン名、タイムスタンプの追記のカスタマイズ可能です。
PDFファイルを100ページごとに分割、100ページのPDFから任意の1ページだけを抽出できます。
サーバ上でセキュリティ(印刷、変更)の付与、変更をすることができます。

PDFの特殊機能
 PDFのXML化、テキスト抽出・画像抽出やデータ自動抽出ができます。
 PDFれびゅーOCXはPDF変更 (追記・赤入れ・押印)可能で、エディタ的に使用ができます。
 弊社のさまざまなPDF技術と合わせれば、国土交通省(SXF)におけるCAD図面の一括PDF化PKI,e-Japan,電子政府,電子自治体におけるセキュリティ,電子認証,電子署名,電子納品,電子申請,情報公開に対応できます。

※ Microsoft、PowerPoint、Word、ExcelおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。
※ Adobe、AdobeReaderはAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)及びその子会社の各国での商標です。
※ その他の製品名および社名は各社の登録商標または商標です。
※ 製品の仕様および価格は、性能向上のため予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
ページ上へ