PDFと帳票システムのYSS
文字サイズは「中」でお願いします。
一つ前の画面に戻ります 株式会社ワイ・エス・エスのHP TOPへ

YSS図面・文書管理ソリューション
製造業の皆様における図面や文書の管理、官公庁様におけるドキュメントの管理は、
永遠の課題になります。
当社はPDF/電子印鑑/情報漏洩対策など様々な特殊機能を提供することで、
多くのお客様にご満足いただけるソリューションを提供しております。
YSSのメリット
図面管理システムや文書管理システムを導入する際に一番問題となるの
は、「このシステムが自社の業務にマッチするか」というポイントです。
どのようなパッケージにおいても、すべてお客様の要望を満たすものはあ
りません。
YSSは最初からカスタマイズ前提での提案で、逆に総額費用を抑える提案
をさせて頂きます。
INDEX
情報共有の効率化基本機能
ドキュメントを階層管理
バージョン管理(版管理)機能
新旧バージョンの相違を自動発見
キーワード検索・全文検索
スマートフォンへの対応
データ登録の効率化
PDFへの自動変換機能
プリンタやプロッタへの出力の効率化
ワークフローとの連携
電子印鑑や出図印の処理と自動化
ファイルアクセス権の管理
セキュリティ機能(情報漏えい対策)
様々なシステムとの連携・特別開発
ご関心のあるお客様は、 営業までお問合せください。

機能(基本機能と要望に合わせるオプションがあります)
■情報共有の効率化基本機能
図面・文書登録機能や検索機能など、基本的な機能を標準装備しております。
また、ワークフロー機能/ポータルなどグループウェア機能も標準で存在します。
ワークフローに関しては、代理承認機能/電子印鑑機能対応など、実際の業務の効率化に対応した機能があります。
図面管理システムにつきましては、製造業のBOM(部品表管理システム)としてご活用頂いているケースもあります。
■エクスプローラと同じ操作感で、ドキュメントを階層管理
図面・文書管理システムの一般的な操作感を上昇するため、フォルダの階層管理をイメージしたユーザインターフェースを
用意しております。
■バージョン管理(版管理)機能
元の図面やドキュメントに対して、バージョン管理を行う機能を提供しております。
■特殊機能 旧バージョンと新バージョンの相違を自動発見
当社が販売している図面比較ソフト/文書比較ソフトと連携して、相違箇所を発見する仕組みを提供します。
図面の比較ソフト
図面の比較の事例 住友林業様

文書比較ソフト
文書比較の事例 北陸電力様
■キーワード検索・全文検索
キーワード検索と全文検索の機能を持っております。
■スマートフォンへの対応
iPhone/iPadとAndroid端末に対応したインターフェースを持っています。
■データ登録の効率化(自動登録/一括登録/スキャナ連携)
標準的なデータ登録の方法だけでなく、お客様のご要望に応じた自動登録の仕組みを提供します。
フォルダに置いたファイルの自動登録、フォルダ指定での一括登録、スキャンしたデータを自動登録するなどの対応が可能です。

また、当社は紙の電子化作業の請負もしております。
 紙文書の電子化 → OCRで検索可能な透明テキスト付PDFに変換 → 図面・文書管理システムに登録
という作業を請け負うことも可能です。

更にOCRの文字認識ミスを自動認識+システムとして補正するオプション機能もあります。
■PDFへの自動変換機能
当社が販売する「PDFオートコンバータEX」と連携することで、図面・文書管理システムに登録したファイルを、
PDFに自動変換することが可能です。
ISO32001に準拠したPDFファイルが生成されますので、長期保存に最適です。
■プリンタやプロッタへの出力の効率化
当社はプリンタ印刷やプロッタへの出力(出図)の効率化のノウハウを持っております。

・サーバ上のPDFファイルを非表示で直接印刷したい。
・プロッタへの印刷の制御を行いたい。
・印刷指示を図面管理システムで登録したい。
・印刷時に印刷したユーザの名前/社員ID/時間を追記したい。
・透かし(社外秘、Confidential、会社名等)を付与したい。
・出図印を付与したい。

上記は、紙への印刷時に行うだけでなく、PDFファイルやTIFFファイルに行うことも可能です。
■ワークフローとの連携
単純な図面・文書管理だけでなく、ワークフローと連携した仕組みが提供できます。
ワークフローで承認されると、添付文書をそのまま図面・文書管理システムに登録することが出来ます。
更に、プラウザ上でドキュメントに直接コメントを追加することで、紙での運用と違和感の無い運用を実現可能です。
■電子印鑑や出図印の処理と自動化
ワークフローで承認をすると、PDFファイルに自動押印をすることが出来ます。
この機能は当社の「電子印鑑ソリューション」との連携で対応が可能です。
また、プロッタへの出図印を、PDFファイルやTIFFファイルに行い、電子配布を行うお客様も増えています。
■ファイルアクセス権の管理
ファイルへのアクセス権を細かく指定することが可能です。
■セキュリティ機能(情報漏えい対策)
上記のファイルアクセス権の拡張として、以下のことを行うことが可能です。

・PDFファイルの保存抑止
・社外に出すと見えなくなるPDFファイル出力
・期限が過ぎると見えなくなるPDFファイル出力
・すかし機能(ダウンロードした担当者氏名やIDなどを埋め込むことができます)
■様々なシステムとの連携・特別開発が可能
プロジェクト管理/スケジュール管理システムを開発して、図面管理システムや文書管理システムと連携させた開発も
多くあります。
実際の説明や見積依頼をご希望のお客様は、 営業までお気軽にお問合せを頂ければと思います。

※ Microsoft、PowerPoint、Word、ExcelおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。
※ Adobe、AdobeReaderはAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)及びその子会社の各国での商標です。
※ その他の製品名および社名は各社の登録商標または商標です。
※ 製品の仕様および価格は、性能向上のため予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。