PDFと帳票システムのYSS
文字サイズは「中」でお願いします。
一つ前の画面に戻ります 株式会社ワイ・エス・エスのHP TOPへ

PDFへ印鑑押印システム構築ソリューション
YSSが紙データの電子化における問題点のソリューションを提供いたします!
INDEX
PDF押印で悩み解消
PDF押印の種類
PDF押印を活用したシステムのメリット
サーバ上での処理の流れ
ユーザ事例
サーバでの集中処理
PDFメイクアップと
  PDFレビューOCXを使用した事例
PDF押印システム事例
まとめ
1.PDF押印で以下のような悩みを解消します。
PDFに印鑑を押すシステムを開発することで、
以下のような悩みを解消することができます。

・紙での運用を電子化して、ペーパーレスにしたい。

・PDFの導入をしたが、押印のため一度印刷して押印、再度スキャンしてPDF化しており、
非常に無駄になる。

・ワークフローシステムを導入したが、社内の意見が有りワークフローに合わせて、PDF
ファイルに押印していきたい。

・多くのページに押印が必要であり、その省力化を行いたい。

2.印鑑の種類は以下の形式に対応可能です。

1.三段印(カスタマイズ可能。データ自動埋め込み方式)

2.独自形式の印鑑(ご要望の形にカスタマイズ、データ自動埋め込みも可能)

3.画像を貼付(この方式だけ画像を用意する必要があります)

4.電子署名(詳細は営業までお問い合わせください)

5.新機能 朱肉と見分けの付かない印鑑押印を実現します。

YSSのPDF印鑑押印技術を活用したシステムを構築することにより、次のようなメリットがあります。
メリット1  印鑑は1つだけでOK!

社員人数が何名でも、印鑑は1つだけ用意すればOKです。
データベースにあるデータを動的に埋め込んで、
部署名、社員名、日時、ID等を使用した印鑑にすることができます。

メリット2  運用後の管理も楽々!

人事異動が発生した際も、人事データと連動させることにより、
印鑑の作成依頼や印鑑の削除などは不要です。

メリット3  特殊な形式にも対応!

印鑑の形は様々にカスタマイズ可能です。
御社の要望にあわせた印鑑を作成することができます。
複雑な印鑑を作成することもできます。

サーバ処理の流れイメージ
ユーザー事例
目的

AutoCADにて図面を管理してきたが、以下の問題があった。

AutoCAD(DWG)データを渡すと再利用の可能性があり、これまで紙に出力していたため、プロッタと専用用紙のコストが大きかった。
⊆卞發砲董△匹凌淕未最新であるのか管理ができていなかったため、古い図面が使用されて問題になったことが
あった。

上記問題解決するため、以下のような手法をとった。

・確定したDWGファイルはPDFに変換
・上司が内容を確認した後に承認し、氏名とタイムスタンプを押す
・承認後データを時系列でサーバに保管、常に最新のものを確認できるようにした

採用製品

AutoCADtoPDF    AutoCADの自動変換ソフト

PDFメイクアップ    PDFファイルのサーバでの編集

ユーザ
ゼネコン
環境

Windows2000 Server
AutoCAD 2002
Windows2000 pro

サーバでの集中処理 製造業品質管理向け承認システム
ユーザの利便性を重視し、あるフォルダにPDFファイルを入れるとPDFファイルに押印さ
れる仕組みを構築
PDFメイクアップとPDFれびゅーOCXを使用した事例

PDFれびゅーOCXを使用した場合・・

セキュリティの確保が容易(独自PDFビューアーのメリット)
印鑑を押す位置を自由に決められる。
クライアントのソフトをインストールする費用・手間は減少。
クライアントで勝手な印鑑を押す可能性がない。(なりすましの防止)
ファイル自体のアップロードではなく、押印データだけをサーバにアップロード。

PDF押印システム事例(PDFれびゅーOCXで押印行為)

.罅璽兇ログインを行いPDFれびゅーでPDFファイルを表示
PDFれびゅーでPDFに押印行為をしたファイル名、氏名、座標、時間を渡す。
PDFメイクアップでサーバ上にてPDFファイル正体に押印
げ^情報と押印済みPDFファイルをDBに保管。(XML)
 承認者が複数の場合上記の繰り返しです。

まとめ

当社は、システムの構築(エンドユーザ向け)あるいはPDF製品とノウハウ
の提供(SI会社様向け)あるいはパッケージへの部品提供(OEM等)にて
皆様にPDFドキュメント作成機能をご提供します。

印鑑の機能は、会社・部署により千差万別。まったく同じ機能はまずあり
得ません。

●この機能はこうしたらもっと便利になる
●あんな機能が欲しい

 というご要望がありましたら、お気軽に営業までお問い合わせください。


※ Microsoft、PowerPoint、Word、ExcelおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Adobe、AdobeReaderはAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)及びその子会社の各国での商標です。
※ その他の製品名および社名は各社の登録商標または商標です。
※ 製品の仕様および価格は、性能向上のため予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。