HOME > よくあるご質問 > 一般的な質問

一般的な質問

  • A01 帳票作成・PDF関連の全ての機能を試用できます。ただし試用期間が決められており、試用期間を過ぎますと一部機能がご使用できなくなります。 通常は2ヶ月くらいが試用期間となります。
  • A02 ダウンロードページにない製品でも、お問い合わせ頂ければ体験版CDをお渡しできるものがあります。詳細は営業までご相談願います。また、ダウンロードできる製品を順次増やしていきます。
  • A03 YSS社製品はYSS社内でのフルスクラッチです。他社のように海外の現地法人に開発させている部分もなく、安心してご利用いただくことが可能です。皆様に純粋な国産のPDF変換・PDF帳票・PDF加工ソフトをご提供させて頂きます。
  • A04当社製品は上記ライセンスを購入頂く必要があります。価格は定価と異なりますので、お気軽に営業までお問い合わせ願います。
  • A05 弊社の帳票・PDF関連製品の総称を「IOTHE」と呼んでおります。
  • A06 弊社製品の操作指導につきましては、導入先に訪問して行う形と、弊社に来社して頂いてのセミナー形式があります。料金につきましては下記の通りとなっております。

     基本研修費  100,000円(税抜価格)
     3人目以降  20,000円(税抜価格)/1名

  • A07 全ての製品(IOWebDOC,PDFオートコンバータEX,PDFメイクアップ等)につきまして初年度の年間保守契約は必須となっております。(一部のクライアント製品(PDFコンバータ、PDF製本工房)については保守契約なしを選択することができる場合があります。)
    また別に技術的なサポートの範囲が広がるオプショナル契約(有償)もご用意しております。詳細は営業までご相談ください。
    保守契約を締結されたユーザ様は問い合わせ対応(技術サポート)の他に、マイナーバージョンアップの無償提供、メジャーバージョンアップ時/OS変更時(Windows・Solaris・Linuxの変更等)/32bit→64bit変更時の特別価格での提供が受けられますので、2年目以降も保守契約を継続することをお勧めいたします。
  • A08年間保守料は製品価格(価格とは製品の定価あるいは弊社直販価格をいいます)総額の15%(PDFオートコンバータEX及びそのオプション製品以外の製品)または30%(PDFオートコンバータEX及びそのオプション製品)となります。
    ただし、保守料が\50,000._(消費税別途)に満たない場合は\50,000._(消費税別途)となります。(例えばIMGtoPDFを1ライセンス購入された場合、この規定が適用されます。)なお、いずれの製品も初年度はかならず保守契約をしていただくことが必要です。(一部のクライアント製品(PDFコンバータ、PDF製本工房)については保守契約なしを選択することができる場合があります。)

    次年度以降の保守については保守期間の満了する1〜2ヶ月前に御担当者様へ継続の御意志を確認する連絡をさせていただき、継続される場合は見積書あるいは請求書を送付させていただきます。保守契約書に自動更新の記述がありますが、これは毎年保守契約の締結を行う手間を省くためのものです。

  • A09
    1.御希望により製品のマイナーバージョンアップが無償で提供されます。
    マイナーバージョンアップはバージョン番号の少数第一位以下の更新を示し、製品の小規模な機能の改良・追加、バグフィックスに対応するものです。
    2.御希望により製品のメジャーバージョンアップがバージョンアップ製品価格の60%で提供されます。
    メジャーバージョンアップはバージョン番号の上位1桁目の更新を示し、次のような場合に行われます。
     (1) 製品の大規模な改良・機能追加
     (2) 対応OSの変更
    例 WindowsVista対応
     (3) 製品の操作対象となるファイルの形式・仕様の変更が行われたとき 例 Office2007対応、PDF規格更新対応 (PDFの規格は通常Adobe Acrobatのバージョンアップが行われるとき更新されます) ※ 上記に該当する場合でもマイナーバージョンアップとして対応することがあります。
    3.メール・FAXにて製品の仕様・操作・障害に関する問い合わせ対応を行います。
    4.製品に関する情報をメールで提供します。
    5.インストールメディアの再提供、ライセンスの再発行
    (実費が必要となります)

    ※以下はサポートの対象となりません。有償サービスを御利用ください。
    1.インストール作業、導入教育
    2.製品の組み込まれたアプリケーションのプログラム解析やOS・プログラミング技術に関する問い合わせ対応
    3.製品に改変が行われたり、操作説明書に示す以外の方法で製品の利用が行われた場合の問い合わせ対応
    4.現地調査等メール・FAX以外の方法によるサポート
  • A10土日・休祝日及び年末年始(12月29日より1月4日まで)を除き、平日9時より17時30分までとなっています。
  • A11基本的に納期としては5営業日以内となっておりますが、特別に早期対応ができる場合もあります。納期が指定されている場合は営業までお問い合わせ願います。
  • A12サポート面を考慮し、原則として直販とさせていただいております。
    御発注⇒(注文請書)⇒納品⇒受領⇒請求という形になります。また、ご要望に応じて御見積書をお送りさせていただきます。
    見積の御依頼にあたっては「 お見積依頼 」のページを御参照ください。
  • A13当社PDF生成製品(PDFコンバータ/PDFオートコンバータEX/IOWebDOCなど)から出力されるPDFファイルはISO32000に準拠しており、国際規格に則ったPDFを出力します。

    PDF加工製品(PDFメイクアップなど)は、PDF生成ソフトに依存します。
    PDF生成ソフト側でISO32000に準拠したPDFを出力する製品をご使用ください。
    PDF生成ソフトが当社製品で、PDF加工ソフトも当社製品であればご心配頂く必要はありません。

  • A当社製品はOSへのインストール数でカウントします。CPU数には依存しません。
    仮想環境で1サーバに4OSが存在し、全てのOSに製品をインストールした場合、4ライセンスが必要です。
  • A 参照パスワードとセキュリティパスワードは絶対に同じ文字列を使わないでください。
  • A16一部のライセンスだけの保守を受けることは出来ません。
    複数ライセンスが存在する場合、一部のライセンスだけの保守に加入することはできません。
    本番環境のみの保守に加入して、開発環境の保守に加入しないということはできません。
    開発環境のみの保守に加入して、本番環境の保守に加入しないこともできません。
    コールドスタンバイや教育環境等も上記に準じます。
    ご不明点は営業までお問い合わせください。