HOME > PDF印刷の自動化とPDFの非表示印刷


「PDF印刷の自動化とPDFの非表示印刷」のご紹介

PDFれびゅー(OCX)直接印刷機能

 

PDFファイルをプレビューすることなく印刷できます。
  文書管理は電子文書、特にPDFファイルで行われることが一般的となってきました。
一方完成図書については紙文書で保管することや、交換することが広く行われています。
PDFファイルを印刷するには、通常Adobe Readerあるいは弊社のPDFれびゅー等で開き(プレビューして)印刷操作を行うという方法になりますので、PDFファイルが大量に存在すると非常に手間がかかります。 PDFれびゅー(OCX) 直接印刷機能はPDFファイルをプレビューすることなく印刷することができる機能です。
この機能を採用することによってPDFファイルの印刷に要していた手間ひまを一挙に省くことができます。

 

直接印刷機能の概要

  直接印刷機能はPDFれびゅー(OCX)の中のAPIとして提供されます。APIは、PDFファイルを印刷するための機能部品の集まりで、印刷キューを開く、PDFファイルを開く、ページを印刷する、PDFファイルを閉じる、印刷キューと閉じる、等からなっています。これらのAPIを組み合わせて使うことにより、PDFファイルの印刷をきめこまかく制御し、プレビュー不要の印刷(直接印刷)、単一の印刷キューによる印刷(一括印刷)を実現します。

概要

 

特長1:
プレビュー不要

  PDFファイルを印刷するとき避けられないように思えるプレビューですが、直接印刷機能を使うとPDFファイルの内容を画面に表示することなく印刷することができるようになります。 PDFファイルを開く(表示する)操作、閉じる操作から解放されますのでPDFを扱うアプリケーションの作成の自由度が大幅に向上します。

 

特長2:
一連の印刷操作が
一つの印刷キューに

  複数のファイルを印刷するとき印刷順序が変わったり、他の人の印刷物が紛れ込んでしまう心配があるため印刷後に出力順を考えながら印刷物を整理する必要があります。直接印刷機能では一連の印刷操作の結果を単一の印刷キューに出力することが可能ですので、一回の出力処理の結果は一つの印刷物として得られます。したがって印刷出力を整理する手間を省くことができます。

 

特長3:
柔軟なカスタマイズに対応

  直接印刷機能はActive Xで提供されます。そのAPIを利用することによってPDFファイルの印刷をともなうアプリケーションを自由に作ることができます。

特長3

  この例ではエクスプローラ風の画面からPDFファイルを指定して、一括印刷しています。

 

価格・お見積について

  1サーバライセンス  オープン価格
(ユーザ単位のライセンスは不要です)
※年間保守費として製品価格総額の15%頂きます。
(初年度必須)
※本機能の利用にはPDFれびゅー(OCX)の
ライセンスが必要です。

 

対応環境

■対応OS ■クライアントで動作させる場合
Windows 10 Pro
/ Windows 10 Pro for Workstation
Internet Explorer(8/9/10/11)

■サーバで集中処理をさせる場合
Windows Server 2012(R2)/2016/2019
Internet Explorer(8/9/10/11)
※ 上記に無い環境に関しては、営業までお問い合わせください。

 

ご注意
  • ・ PDFれびゅーOCXはIEのActive Xです。このため、動作させるためには、IEが必要です。
    サポートされるOSとIEの組み合わせは、Microsoft社がサポートする組み合わせに限定されます。
  • ・ 7/8/8.1環境においては、「信頼済みサイトに登録」+「互換表示設定」を指定して頂く必要があります。
  • ・ Windows8/8.1のWindows(Morden)UIから起動すると、Active Xが動作しないため、動かすことができません。
  • ・ 動作確認していないソフトで作成されたPDFファイルに対応するには別途対応費用が必要になります。

※ PDFの参照や押印には他社製品のライセンスを必要としません。
PDFの操作は弊社が独自に開発した技術を使用しています。Adobe Acrobat等の他社製品を導入することなく利用できます。

詳しくは営業までお問い合わせください。