HOME > 製品 > 製品一覧 > PDFオートコンペア

PDF比較製品
「PDFオートコンペア」のご紹介

比較作業自動化/バッチ処理ソフト

データ目視チェック作業を軽減、人件費を削減できます。

 

概念図

オートコンペアの概念図

 

PDFオートコンペアとは?

● 近年、図面・帳票・契約書等の文書ファイルのPDF電子文書化が大幅に進行していますが、これらの作成された電子文書に対して、相違点を容易に識別するソフトはあまり存在せず、未だに目視によるチェックに頼らざるを得ません。
● 世の中にはPDFファイルが非常に多くなってきており、「違いを見つけたい」あるいは「同じであることを確認したい」というニーズが高まっております。1つずつ手動で行っていてはきりがない場合でも、PDFオートコンペアで自動又はバッチ処理を行うことで大幅なコストダウン、省力化を実現することができます。

 

基本機能

対象ファイル
 1.比較するファイルを用意します。(PDF)

オートコンペアの基本機能

対象ファイルの比較
 2.ファイルを比較します。
操作性が高い比較方法を備えています。
0.1mm単位での移動、0.1度毎の回転、縮尺変化率0.01%までの微調整が可能です。

オートコンペアの基本機能

比較結果の出力
 3.比較結果をPDFで出力します。
一致部分と相違部分を色分けしてPDFファイルへ出力します。

オートコンペアの基本機能

比較結果を各種出力
 4.比較結果をCSVファイルやコマンド戻り値でも!!
^戝or不一致の結果出力。
不一致の所在ページ数上記結果をCSV、コマンドの戻り値やログファイルで出力することが可能です。

オートコンペアの基本機能

 

補正オプション機能

図面などの傾きやゆがみを補正したうえで比較します。

紙文書を電子比較します。
補正オプション機能 補正オプション機能
補正オプション機能
傾きやゆがみを補正したうえで比較します。
補正オプション機能
補正した結果をPDFとして保存できます。
補正オプション機能
もちろん、比較結果の保存も可能です。
補正オプション機能

 

導入のメリット

● 省力化によるコストダウン
   電子的に比較を行うことで、目視作業と比較して作業時間の短縮が見込めます。
● 視覚的に簡単操作
   特に、実際の比較に際して補助的な役割を果たす各種比較機能及び比較結果出力機能の充実を図り、操作性の向上を目指し、「簡単」に比較操作を実施、「容易」に相違点を判別、「お手軽」に比較結果を保存できるようにしました。
● 比較の精度向上
   本ソフトウェアの採用により、目視による比較作業の省力化と簡単作業につきものの変更点の見落とし等のヒューマンエラーを大幅に削減できます。

 

使用形態

1.WEBからのアップロードが可能です!
PDFオートコンペアの使用形態
● WEBシステムからのアップロードにより処理する事が可能です。
(WEBシステムの構築が必要です。)
2.夜間バッチで大量比較が可能です!
PDFオートコンペアの使用形態
● 夜間に大量処理を行うことが可能です。
違いのあるファイルとページ数を出力します。
3.フォルダ同士の比較が可能です。
PDFオートコンペアの使用形態
● フォルダに入っているファイルを自動で比較することが可能です。
一致している場合は結果だけ出力します。
異なった場合にはPDFを出力します。

 

主な用途(利用者層)

● 図面管理(設計図面、地図等)を必要とする部署、特にCADを使用しているユーザが最適です。建築、建設、土木、運輸、運送、製造業(特に精密な図面を使用する場合)などでは、
「絶大な効果」を発揮します。
● 帳票などのアウトプットを繰り返し確認しなければならないシステムテストやパッケージテスト等で、「正しいことを確認したい」用途にも利用されています。
● 変更指示を出した、あるいは変更指示を受けた際に、結果を報告するフォーマットとして活用できます。
!! 大量の比較をしなければならない場合に、特に有効です !!

 

1.製造業/建設業の設計者様や承認者様
図面比較ニーズへの対応

CAD図面をPDFファイルやTIFFファイルで保管している場合に、履歴管理や異なる部分の発見を目に見える形で行いたいお客様に最適です。

2.システム管理者様やシステム開発会社様
電子出力ファイルの検証作業軽減

数十、数百の帳票出力があるシステムにおいて、
万が一のための目視による帳票の再確認作業を自動化できます。
また、人間の目では見落としがあり得ますが、ソフトウェアによるチェックですので安全に行えます。

3.文書管理ソフトでの履歴管理者様
詳細な履歴管理

これまでも、履歴管理を謳い文句とする文書管理ソフトウェアは存在しましたが、
履歴をユーザが記入するという形式が中心でした。
PDFオートコンペアを使用すれば、新しいバージョンがアップロードされると同時に、
比較⇒比較結果をPDFファイルに保存することが可能です。
このPDFファイルを文書管理ソフトに格納することにより、詳細な履歴管理が可能となります。

 

様々な比較ニーズへの対応

手動処理ニーズ

手動処理ニーズ自動作業ではなく、手動で作業したい、あるいは細かい調整を行いたいという要望に応える 「PDF比較Finder」 も同時に発売されています。
不明点は営業までお問い合わせください。

文章比較ニーズ

PDF比較Finderにおいては、図面及び書式フォーマットが固定された文章の比較は問題ないものの、Wordファイルで改行されたような場合、 座標が異なるということで相違すると判断されてしまいます。
この問題を解決するため 「e文章比較Helper」をご提供しております。
これは契約書やマニュアルなどのテキスト文章を比較する製品です。
皆様の比較ニーズが分散しやすいので、ご要望をお伺いする形式となっています。
ご要望がありましたら、是非、営業までお問い合わせください。

 

価格・お見積について

1サーバライセンス オープン価格
※年間保守費として製品定価総額の15%を頂きます。(初年度必須)
詳しくは営業までお問い合わせください。

見積は「お見積依頼」のページを参照の上営業まで御依頼ください。

 

対応環境

■対応OS Windows 10 Pro
/ Windows 10 Pro for Workstation
Windows Server 2012(R2)/2016/2019

 

パンフレット

PDFオートコンペアを使用した例です。
PDFオートコンペアパンフレット(1945KB)
体験版ダウンロードのページへ移行します。